車を所有する必要性を検討

車の必要性は、実際にどのように使用しているのか、使用頻度、代替えの交通手段があるのかなどを検討してみるといいでしょう。年間の維持管理費は結構な金額になります。金銭面でも余裕があって、趣味として車を所有したいと思っている人は別ですが、生活で利用するために所有したいのなら代替の方法がないかを検討してみると負担が軽減される場合があります。電車やバス、地下鉄など移動手段が沢山ある都心部では駐車場代だけでもかなり高額です。

都心部ではカーシェアリングやレンタカーなどのカーサービスも多いのでたまにしか車を使わないなら所有する必要性は低いです。使用頻度が高く近距離での移動が多いならカーシェアリングの利用が向いているかもしれません。カーシェアリングは基本契約料のほかは使用した分だけの利用料を支払う契約となっています。普段の生活での移動は公共交通機関などで、たまに遠出で車を利用するならレンタカーを借りるのが丁度いいです。自分で所有していなければ、年間の支払い金額が減るだけではなく、タイヤ交換や洗車やメンテナンスの手間も減りますし、気分や用途に合わせていろいろな車に乗ることもできます。

公共交通機関が少ない地方では車の必要性は高いですが、大きな車から小さな車に変えるだけでも維持管理費は安くなりますし、使用頻度や走行距離が短いならタクシーを利用する方が便利です。また、買い物に行くときくらいしか使用していないなら、宅配サービスを利用した方がいいかもしれません。