看護師は運転免許を取得した方がいい

近年車の必要性がなくなってきていると言われていますが、仕事によっては自動車免許を取得しておいたほうが良いものもたくさんあります。例えば、看護師の求人内容には「要運転免許」と記載しているものがあり、往診に同行する時に車の運転を求められるかもしれません。また、訪問介護を行う場合にも運転して患者の元に行くことになります。車の運転スキルが必須の所で仕事を行いたい場合、免許がないと面接することすらできません。勤務先によっては業務で車を運転する場合手当が付くこともあるので、取得した方がいいでしょう。他の業種に転職する場合にも、車の免許が要求されることは少なくないです。

電車通勤の場合、電車がなんらかの理由で止まることがあり、その場合に車の運転ができれば勤務先に遅刻しなくて済む場合があります。仕事場で職場の飲み会があることがあり、その場合夜遅くになると電車が止まって、帰りに困った事態になることも考えられます。飲み会でソフトドリンクだけを飲む様にすれば、車を運転して家に帰ることもできます。また、クリニックにある駐車している車を運転しなくてはいけない場合もあるかもしれません。たとえば、患者がクリニックで具合が悪くなり車を置いて帰る際に、邪魔にならない所に車を移動することもないとは言い切れません。

では度のタイミングで免許を取得するとよいのでしょうか。免許取得には合宿を利用しても最短14日かかります。就職後これほどの期間休むのは、職場の理解がないと難しいでしょう。教習所を利用すれば1~2時間の教習を重ねることで、免許を習得することはできますが、取得まで数か月かかることになります。教習の時間に間に合わないとキャンセル料が発生することもありえます。仮免許や卒業証書には有効期限があり、期限を過ぎると再度取得することになってしまいます。そのため看護師の方が免許を取得する場合は、就職する前の方が望ましいといえるでしょう。